header

128.Amazon販売ライバルセラー数で価格を変えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
ハイボール飯島です。

 

Amazon(アマゾン)新品販売では、どうしてもライバルが増えると価格競争がはじまります。われこそは早く売りたいって人やライバルが増えてきて慌てちゃう人が1円下げ、10円下げと始まると新品商品では、カート価格にあわせないと売れないため、他の販売者もあわせて価格を下げ始めます。

私もそうですが、自動ツールを使っている人も多く価格追随するので1円下げてもすぐに追随します。

なので、売れなくても自ら価格を下げる必要性は全くないです。適正価格を大きく上回っている場合は別にして、1円・10円下げたからと言って極端に売れるわけでは無いですからね。

欲しい商品が3,980円でも3,970円でも購入者としては、全く意識してないですからね。

 

では、ここで問題!

この商品だったら、いくらで販売しますか?



過去1ヶ月3個売れ、月平均4.7個売れの商品ですね。

ライバルは2,525円で6名います。僕なら2,525円にあわせて売ります。

 

でも、同じ商品で下記の状況だったら、どうしますか??

 



同じ商品で、カートボックスの所得者は2,525円の方ですが、今度は2,525円のライバルは1名です。なおかつ現在の在庫は1個だけ。

この状況だったら、私は価格を上げます。2番手の2,798円。もしくは2番手の2,798円も在庫1個なので、以前の販売価格の2,810円と価格を上げます。

在庫も1個しかないので先に売らせちゃえば良いのです。このような状況であれば慌てて売る必要は無いですよね。こういう微妙な価格調整をしていくと少しづつ利益アップしていきます。

この商品であれば2,525円で販売するのと、2,798円で販売するのと販売価格は10%違います。

こういう商品の販売判断で販売価格を上げることができる商品が何十種類もあったら、当然利益アップしますよね。ライバル数が少なく在庫も少ないようであれば、価格を合せるだけで無く「先に売らせちゃう」って判断もしていくと良いですよ。

ライバルセラーの状況によっては、慌てて売る必要無いです。

 

 

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでも役立ったなら、下記をクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ハイボール飯島からのお知らせ

無料メルマガ 連日配信中【最新情報便】

【最新情報】を無料で配信中です。

メルマガ登録で「無料プレゼント」があります。

画像をクリック↓



無料プレゼントは十数名の現役せどらーで共同制作。

【せどりで稼げるスーパーガイドブック】100店舗以上1000商品の仕入れリスト。

登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!

「無料メルマガ」はここをクリックしてね!

「公式LINE」も連日配信中!卸仕入れセミナー動画プレゼント

画像をクリック↓



こっちはメルマガとは違う内容を連日配信中!

「LINE」お友達追加はここをポチッ!

ID検索の方は @678nerqi で検索お願いします。

お友達追加で「時間を短縮するための電脳せどり」セミナー動画プレゼント!

私の「電脳卸リピート仕入れ&外注化」の動画です。

ぜひメルマガとあわせて受け取ってくださいね。


【LINE】ではメルマガとはちょっと違い、過去の人気記事から厳選チョイスし、定期的にお届けしています。

イメージとして【無料メルマガ】最新情報。

【LINE】は要点復習って感じです。

あわせて読むことで情報逃しもなく、要点の復習もできおすすめです。

YouTube「せどり副業TV」連日配信中!

こんな感じで連日配信中です!

「卸問屋仕入れAmazon販売+外注化」のおすすめポイントについて

<下記画像をクリック>



せどり/副業/働き方について、動画でわかりやすく定期配信中!

映像をみずに、音声だけの聞き流しでもわかるように解説しています。

せどり初心者からわかりやすくを目指し、脱サラで路頭に迷わないように人生案内します。

画像をクリック↓



動画はこちら!

YouTube「せどり副業TV」動画配信中!

チャンネル登録してくれると嬉しいです。

twitter&Facebookやってます

画像をクリック↓



せどり/副業/働き方について、つぶやいています

Twitterはここからのぞいてみて下さいね

 

画像をクリック↓



超気軽に友達申請してね!

Facebookで私の日常公開しています

ハイボール飯島