header

Amazonで販売するとアカウント閉鎖になる商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です。


アマゾンでは
様々な商品が販売されています。


 


私たち販売者も
たくさんの商品を扱うことができます。


 

電脳せどり出身の私は、
ジャンルにこだわることなく
販売できることがメリットです。


 

一般の小売店であれば、
書籍を売って化粧品を売るなど
通常では考えられないですね。


 

良く言えば
セレクトショップのようなものです。

 

まあ悪く言えば何でも屋なんですけど^_^

 

今日は何でも扱える商品だと
思って販売しているのですが、


 


しっかり気をつけなければ、
怖いアカウントスペシャリストが出てきて、
アカウント停止・アカウント閉鎖に
追い込まれてしまうという話をします。


 

これ過去の私の実体験です。

 

認識不足が引き起こしたことなのですが、
今日この記事を読んでくれている皆様は、
私のようなミスがないように気をつけてくださいね。

 

まずトラブルになった商品は、この商品です。


https://mnrate.com/item/aid/B000Z61UUS

 

商品登録画面では通常通り出品可能です。
特に問題ないですね。

 

~商品登録画像~

 



普通に誰でも商品登録できますし、すぐに販売可能です。

 

当時私はこの商品を
ネットショップから仕入れ販売しました。

 

そうしたら後日
アカウントスペシャリストから
真贋(ニセモノの疑い)とのことで警告が来ました。


 



 

メッセージの中で
本件商品の権利者という言葉があります。


 


この権利者という意味、
Amazon販売ルールを理解しておらず、

はじめは意味がわかりませんでした。

 

通常考えれば、
Amazon セラーセントラルの画面で商品登録し、

出品できれば販売できると思いますよね。

 



よくよく調べると、
化粧品関連は特にですが
ブランドによる出品規制があります。


 

下記資料がブランド規制についてです。

 

~画像~

 



この表をみると、
私の出品した商品は、

・出品前に仕入れ伝票の提出が必要
・並行輸入品の販売が不可

 

出品前に仕入れ伝票の提出が必要って
ルールを理解してませんでした。


 

それだったら、
Amazon で商品登録して
販売できなくしといてもらえれば良いんだけど。

 

で、アカウントスペシャリストと数回やりとりを行った結果。
どうなったか?

 

結論。アカウント閉鎖……です。

 

閉鎖の文書(メール)って、
みたこと無い人もいると思いますので、
こんなメッセージが来ます。

 



 

残念ながら一発アウトでした。


そしてこの後、
どんな弁明をしても復活不能でした。


 

相手の判断は、

・出品者様が本件商品の権利者ではない場合、
委任状および流通経路の証明となる書類一式。


 

・出品者様が本件商品の権利者である場合、
権利が確認できる登録証明書の写し、
ならびに営業免許もしくは身分証明書の写し。


 

残念ながら
上記を証明することができませんでした。


 

それ以降 Amazonでの販売について
私の中で徹底的に気を付けている点は、

 

・すべての新規出品商品に対して、
ASIN(アマゾンのコード)を Amazonテクニカルサポート送り、



「この商品を Amazon FBA に納品し販売したいと思っております。
販売に際し、出品規制や事前申請が必要か否か、
危険物など納品販売において注意するべき点について教えてください」


 

これを全商品やり取りの記録が残るよう
テクニカルサポートにチャットで確認しています。

 

チャットの理由は、

・24時間365日いつでも聞ける点。
・やり取りのログが残る点。

 

電話だと言った
言わないになってしまいますからね。


 

もし前回アカウント閉鎖された時のような
指摘を借りに受けたとしても、

やり取り記録は絶対に必要です。

 

この作業。非常に面倒くさいです!

 

Amazonのルールは
日々どんどん変化しています。


 

はっきり言って、
Amazonの最新ルールを
全部把握するのは不可能です。


 


出品規制や事前申請においても、
先ほどのブランド禁止リストにも記載されています。




「本リストは変更される可能性がございますので予めご了承ください。」

 

変更されるものを
頭に入れる必要性はありません。


 

なのでテクニカルサポートに
毎回確認しています。


 

もしテクニカルサポートに出品に際して質問した際に
担当者に
自分で判断して下さいなどと言われた場合は、

 

Amazonさんのルールは
出品規制ブランドも含め、刻々と変化していますので

最新情報を確認したいため、
問い合わせしていますと言えば良いです。


 

私のようなミスがないように
気をつけて販売していてくださいね。

 

しっかり確認すれば大丈夫ですよ^^

 

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

 

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

———————————————————————————
ハイボール飯島からのお知らせです(^^)/
———————————————————————————
メルマガ登録
さらに特別な情報と
メルマガ登録限定無料プレゼントがあります。

無料プレゼントは十数名の現役せどらー仲間で数か月かけて共同制作した
超有料級の資料【せどりで稼げる スーパーガイドブック】
100店舗以上1000商品の仕入れリスト。

書店のせどり書籍より、濃厚な内容の超絶有料級プレゼントとなっています。
しかもこの資料は、現在も最新情報に日々進化中です。

登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!
http://atsutaro01.net/melmaga.html

 

LINE始めました。⇒ https://line.me/R/ti/p/%40cye7461n


こっちも、現在お友達追加で、無料プレゼント中!!!


 

〇「時間を短縮するための電脳せどり」セミナー動画
私の卸リピート仕入れ&外注化のノウハウが詰まった動画です。

〇Amazon売上管理表(エクセル)
私が実際に管理しているエクセルシートです。

LINEでは、メルマガとはちょっと違い、
副業・Amazon物販について・ちょっとプライベートなど。
また、過去の人気記事から厳選チョイスしてお届けしています。

★Facebookやってます。友達申請してね!
https://www.facebook.com/highball.iijima

★Twitterもやってます♪もちろんこっちも大歓迎です!
https://twitter.com/highball_iijima

———————————————————————————

 

ハイボール飯島