header

Amazon知的財産権・商標権侵害で訴えられた時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です。

 

先日Amazon(アマゾン)で
商品販売していて、
深夜に嫌なメールがきました。

 



 

これから寝ようって思ってた
2017年12月6日 23:49にメールですね。

 

初めてです。

 

商標権侵害の申し立て。

 

簡単にメール内容説明すると。

 

 

アマゾン

あなたの商品について、
権利者より商標権を侵害しているとの申立てがあったよ。

 

取りあえず商品の出品をキャンセルしといたからね。

 

もし再出品したいなら、
権利者からの申し立ての取り下げが必要だから、
権利者に連絡して解決してね。

 

今回は初めてだけど、また同じようなことあったら、
おまえのアカウント閉鎖にしちゃうからな!

 

まあ簡単にいうとこんな内容です。

 

さてここで問題です。

 

あなたなら、このケースどうしますか?

 

Amazon販売で知的財産権・商標権で訴えられた場合の対処法

1.指摘商品はAmazon販売を諦め引き上げて、ヤフオク・メルカリで販売

2.Amazonの言うとおり、訴えてる人にメールして商標権を侵していないぞ!とメールする。

 

この2つが考えられる方法ですね!

 

なかなか一般のせどりだと、
商標権や知的財産権なんて言われると
ドキッとしてしまいます。

 

しかもアカウント閉鎖しちゃうぞっ!
なんて脅かされたら気になりますよね。

 

必要無い経験ですが、
私は不名誉ながら
Amazonアカウント閉鎖が一回、停止が三回あります。

 

いずれも復活してきました^^

 

なので、最近はこんなの何とも思わなくなってきました。
こんな時は冷静に考え対応すれば良いです。

 

それでは、私の取った対応方法は

 

2.Amazonの言うとおり、訴えてる人にメールして商標権を侵していないぞ!とメールする。

 

です。

 

対応した手順を説明します。

 

 

知的財産権・商標権で訴えられた場合の私が実際取った対処方法

 

1.文書やメール・Amazonのルールを確認(状況確認)

まず、この画像みると権利者のメールアドレスって
なんか変では無いですか?

 

hotmail.comって
一般の商標権がどうこう言う会社が使いますかね?

 

しかも相手の名前は中国の方でした。

 

モノレートをみたら、
販売者40人いましたが一気に減ってましたね。

 

全員訴えたから、
その会社一社と数社だけ販売状態になってましたね。

 

ここから訴えためぼしい会社をチャック。

 

会社が少なくなっているので、
訴えを起こしたと思われる、それらしい会社を発見

 

2.同一商品を購入した販売店に正規品か確認(裏を取る)

該当商品は、家電量販店で購入したのですが、
私は卸サイトなどの仕入れがほとんどです。

 

そこで、卸業者に電話(ちなみにこの卸業者からは一度も商品買ったこと無いのですが…)
※こういう場合メールだと時間がかかるので、
私は交渉ごとはすべて電話にしています。

 


「〇〇って商品ですが、Amazonで販売したら商標権侵害で販売停止になりました。」
「御社の製品は正規代理店の商品では無いのですか?販売して商標権を訴えられるってあるんですか?」
「適切な対応方法を教えて下さい。」

 

卸業者
「今回のAmazonさんの件では他社さんからも問い合わせを受けています。」
「当社の商品は正規代理店のメーカー直仕入れ商品なので問題ありません。」
「訴えを起こした業者が、中国の方でAmazonは商標権侵害を訴えられればAmazon側はすべて一度停止にするようです。」
「相手側に連絡した業者さんがあるようですが、訴えを取り下げてもらえなかったようです。」

 


「御社の商品が正規品だということが確認とれました。
私は卸さんからで仕入れているので商標権でとやかく言われる筋合いはありませんね?
訴えを起こした会社に再販要求しても問題無いですね?」

 

卸業者
「はい!相手が取り下げるかわかりませんが問題無いです。」

 

3.訴えてきた業者に、再販要求のメールを送る

私が商標権侵害していない確認が取れたので、
訴えを起こした業者に下記のメールを送る。

 



 

送ったけど、卸業者からの話だとこの業者は取り下げしないようなので、
ここで終わりにはしない。

 

4.Amazonへ改善要求のメール連絡

一番はじめにAmazonから来たメールには下記文言が

 

申し立ての対象となった商品が権利者の商標権を侵害していないと思われる場合は、
補足情報を添えてnotice-dispute@amazon.co.jpまでEメールでお知らせください。

 

多分訴えを起こした会社は連絡してこないだろうから、
Amazonに改善要求をメールで連絡

メールは下記の通り。

 



 

このメールを送って良かったです。

 

それから2時間半後。

 



 

アカウントスペシャリストから
販売再開の連絡で無事販売再開。

 

 

なぜ、このような対応を取ったか?(まとめ)

実は対象商品は、2種類4品しかないので、
1.指摘商品はAmazon販売を諦め引き上げて、
ヤフオク・メルカリで販売でも良かったのですが、
(こっちでも売れるので)

 

今回私が気になったAmazonからの文章は、この部分があったからです。

 

当サイトは知的財産権の侵害を深刻に受け止め、
現在、出品者様のアカウントの審査を進めさせていただいております。
出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場には、
直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがあります。

 

(メール抜粋)

 

もし、ここで何も言わずただ商品を引っ込めたとします。
また、わけわからない奴から、商標権侵害で今回のように訴えられた場合。

 

アマ
「おっ!こいつ商標権2回目だな!それじゃアカウント閉鎖だな。」

 

これあり得ますね。
アカウント閉鎖されるとAmazonで商売終了です。

 

これを予防するために今回の行動があるんです。

 

常に先への伏線です。

 

今回Amazonに直接説明したことで、
もし次に、どこの誰かから嫌がらせで商標権侵害受けても

 


「Amazonさん、またですか?僕のところは正規品しか扱ってないですよ?」

 

こう言えるようにするために、
今回しっかり対応しました。

 

不条理なこと言われても、
自分が間違ってない場合は泣き寝入りしちゃダメですよ。

 

商標権侵害については、
最近このような事例が多いようです。

 

この商品も、
おかげで40人いたライバルがメチャクチャ減りました笑

 

 

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

 

———————————————————————————
ハイボール飯島からのお知らせです(^^)/
———————————————————————————
★メルマガ登録で
さらに特別な情報と
メルマガ登録限定無料プレゼントがあります。

無料プレゼントは十数名の現役せどらー仲間で数か月かけて共同制作した
超有料級の資料です。
100店舗以上1000商品の仕入れリスト。

書店のせどり書籍より、濃厚な内容の超絶有料級プレゼントとなっています。

 

登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!
http://atsutaro01.net/melmaga.html

★LINE@始めました。⇒ https://line.me/R/ti/p/%40cye7461n

現在お友達追加で、
Amazon売上管理表(エクセル)無料プレゼントしてます!

★Facebookやってます。友達申請してね!
https://www.facebook.com/highball.iijima

★Twitterもやってます♪もちろんこっちも大歓迎です!
https://twitter.com/highball_iijima

◎ハイボール飯島のブログ
http://atsutaro01.net/

◎メルマガ・ブログに対する感想や質問・ご意見など
いつでも・どこでも・どんなときも超気軽にどうぞ。

せどりに限らず、日常ごとやお悩み相談まで
色々何でも超気軽に相談してくださいね。
なんでも言ってくれたらとっても嬉しいです。

ここに直接送ってね。

http://atsutaro01.net/otoiawase.html

◆メルマガ配信解除はこちらです。
メルアド記入だけで大丈夫です。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=338144

———————————————————————————
★発行者 ハイボール飯島

★特電法に基づく表記
http://atsutaro01.net/administrator/60.html

★本メールの著作権は、
ハイボール飯島にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
—————————————————————————–

ハイボール飯島