header

Amazonカタログ写真を確認しないと出品停止になります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です。

 

今日は私の失敗話です。
いままでたくさんの失敗をAmazon電脳せどりでも
(プライベートでも)していますので、
こんな失敗しないようにして下さいね

 

 

Amazonのカタログ写真ってわかりますか?

そう、ここの写真です。

 



 

出品するときは、
商品がこの写真と必ず同じかチェックして下さい。

 

そんなの当然だよって事なんですが、
ちなみに私はこれで痛い目にあったことがあります。

 

Amazonアカウントスペシャリストからの出品停止……

 

違う商品販売したの?

 

いえ違います。

 

気をつけなきゃいけないのは
商品やパッケージのデザインチェンジです。
これメーカーは意外と行っています。
一例ですが、こんなパターンです。

 



 

これソニーのハンディーカムのバッテリーですが、
私はアマゾンのカタログ写真が、
左側の旧デザイン写真の時に
右側の新デザイン商品の写真を販売しました。

 

私の方からすれば、
新しいデザインだから問題ないよねって思っていましたが…..

 

Amazonアカウントスペシャリストから警告のメールが。

 





 

はあ?
真贋って偽物ってこと????

 

購入者はパッケージのデザインが違うと言う理由で
偽物だと思ったのですようね。

 

メールにも書いてあるとおり、
この商品を再出品する際には、
下記の資料を提出しなさいとのことです。

 

この商品を再出品するためには、

本商品の出品再開をご希望の場合は、
seller-performance-policy@amazon.co.jp まで、
上記の「問題の種類」に応じて、以下の資料をご提示ください。

 

・問題の種類に商品の真贋に関するご連絡が含まれている場合

1.6ヶ月以内に発行された商品の注文書、領収書または請求書の写し.
(該当期間の販売数との整合性が取れているもの)

2.代理店、仕入先の連絡先情報(名称、電話番号、住所、Web URLなど)

3.その他追加情報

 

ってことなので、下記内容のメールを送りました。

 

 

 

amazon.co.jpさま
お世話になります。
 
ご連絡いただきました出品キャンセルとなった下記商品について、
本商品の出品再開を希望するため、以下の資料を提示いたします。
宜しくお願いいたします。
 
問題の種類: 真贋に関するご連絡があった商品
ASIN:  〇〇〇
商品名:  〇〇〇
 
・問題の種類に商品の真贋に関するご連絡が含まれている場合1.6ヶ月以内に発行された商品の注文書、領収書または請求書の 写し.
別添参照 請求書
2.代理店、仕入先の連絡先情報(名称、電話番号、住所、Web URLなど)
 名称    〇〇〇
 電話番号  〇〇〇
 住所    〇〇〇
 
3.その他追加情報
 
 商品名〇〇〇については、デザインの違う旧デザイン商品と新デザイン商品があり、
当方今回は新デザイン商品を販売したことにより、
購入者さまは販売ページ画像と異なるデザインの商品を受け取った 為、
今回のようなクレームに至ったと思います。
 
今後の改善策としては、
出品時のコンディション説明おいて、
【商品画面と違う新デザイン商品です。】とコメントを入れ、
購入者さまに商品についての誤解をまねかないように出品できれば と考えていますので、
よろしくお願いいたします。
 

その他追加情報に書いた通り、
上記の内容で一件落着かなって思っていたのですが、
甘くありませんでした。

 

Amazonからの回答は、

 



 

結論からいうと、再出品できませんでした。
よかれと思って新デザイン商品を販売したのですが…..

 

確かに購入者からすれば、
写真と違う=ニセモノって考えても仕方ありません。

 

私が未熟でした……..
商品はすべてFBAから回収しました。
在庫は不良在庫になるから痛いです…..

 

私はヤフオク・ヤフーショッピングで
すべて再販しましたので良いですが。

 

あと、このようなケースで出品再開できるかは
Amazonアカウントスペシャリストの
担当者次第のところがあります。

 

いくら言っても、いくら説明しても
駄目な頑固な担当者がいます…..

 

まさにお役所仕事的な人もいます。

 

しかもやり取りはメールだけです。
アカウントスペシャリストは電話対応しません。

 

ひたすら、
再開できませんってメールを送る担当者もいますからね。

 

私もこのようなケースで痛い思いをしたので、
下記のような対策を考えましたので参考にして下さい。

 

Amazonカタログ写真と違う新デザイン商品を販売するときの対策

・カタログ写真と違うデザインの場合、メーカーカタログを確認の上、テクニカルサポートに「現在のAmazonカタログ写真と違う、新デザイン商品がメーカーから販売されています。新デザイン商品を販売したいこと。あわせて写真を変更したいこと」

上記を電話で無く必ずメールで連絡する。(問い合わせ履歴を残すため)

 

※写真を自分で勝手に変更しても、再度別の写真変更されることがありますので、
上記一報を必ずテクニカルサポートに入れておきましょう。

 

・実際出品する際には、コンディションコメントに
【注意】新しいデザインの商品となっています
と必ず記載しておきましょう。

 

このような予防をしておくことで、
もし私のようにアカウントスペシャリストから警告を受けた際も、
テクニカルサポートに事前に問い合わせしています。
これが証拠のメールですって言えますね。

 

ぜひ私みたいなトラブルが無いようにして下さいね!

 

 

**************************************************************
お知らせ!!!!!
2017年7月にクラスター長谷川さんのせどりチーム4期が募集予定です。
ど素人から月商100万円プレイヤーを100名以上輩出!
歴史・指導実績ともに恐るべしです( ゚Д゚)ガクガク
ちなみに、
3期募集は24時間しか募集せず即完売でした。

興味ある人は事前登録お願いします。
チームの募集案内については、
優先して情報をお伝えしますのでこちらから登録して下さい。
もちろん!登録したからと言って、
入会する必要はありませんので、超気軽にどうぞ^^。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=361412

私から最新の募集情報を送ります。

クラスターせどりチーム4期募集&事前登録の記事はこちらです。

http://atsutaro01.net/osusume/1886.html

*************************************************************

 

 

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

———————————————————————————
ハイボール飯島からのお知らせです(^^)/
———————————————————————————
★メルマガ登録で
さらに特別な情報と
メルマガ登録限定無料プレゼントがあります。

無料プレゼントは十数名の現役せどらー仲間で数か月かけて共同制作した
超有料級の資料です。
50種400商品の仕入れリスト。圧巻の355ページ大ボリュームです。

書店のせどり書籍より、濃い内容になっています。

※現在もまだ随時更新中で、最終は倍のボリュームになる予定です(笑)

登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!
http://atsutaro01.net/melmaga.html

★Facebookやってます。友達申請してね!
https://www.facebook.com/highball.iijima

★Twitterもやってます♪もちろんこっちも大歓迎です!
https://twitter.com/highball_iijima

◎居酒屋BARオーナー電脳せどらーって??
プロフィールです⇒http://atsutaro01.net/profile.html

◎ハイボール飯島のブログ
http://atsutaro01.net/

◎メルマガ・ブログに対する感想や質問・ご意見など
いつでも・どこでも・どんなときも超気軽にどうぞ。

せどりに限らず、日常ごとやお悩み相談まで
色々何でも超気軽に相談してくださいね。
なんでも言ってくれたらとっても嬉しいです。

ここに直接送ってね。

http://atsutaro01.net/otoiawase.html

◆メルマガ配信解除はこちらです。
メルアド記入だけで大丈夫です。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=338144

———————————————————————————
★発行者 ハイボール飯島

★特電法に基づく表記
http://atsutaro01.net/administrator/60.html

★本メールの著作権は、
ハイボール飯島にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
———————————————————————————

 

ハイボール飯島