header

18.モノレートの使い方(応用編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
居酒屋BAR電脳せどらー
ハイボール飯島です。

 

前回はモノレートの使い方(基本編)
について解説しました。

 

グラフをどのようにみたら良いかについてです。

 

今回は応用編。
具体的なグラフの動きごとの
仕入れ基準について説明します。

 

仕入れ推奨

ランキングが良すぎて波打たない商品

ランキンググラフの波が一切打っていない=売れていない
基本的にはこの図式が成り立ちます。

しかし、
ランキング100位以内と良すぎる場合も波が出ません。
爆発的に売れてますので、価格差あればどんどん仕入れましょう。

 

 

仕入れ最小

大型量販店のセール品は出品者が急激に増える可能性あり

大型量販店のセール品は多くのせどらーもチェックしています。
1回目の仕入れは多くても2個
出品後も値下がりなければ再度複数仕入れ。
2段階で大量購入しましょう。

 

 

資金に余裕があれば仕入れ可

売れ行きが微妙な商品

3か月ランキンググラフで1、2度しか波打っていない商品
この場合は6か月・12カ月の長期グラフでみてみましょう。

 

1.商品が出品されているときの相場がずっと安定している。
2.コンスタントにほぼ毎月1回は売れ続けていること
3.ライバルたちの在庫数が少ないこと

 

上記3点を考慮し判断しましょう。

 

最近になって売れなくなってきた。

価格変化はないのに売れなくなっている場合
新しいモデルが出た可能性が高いです。

回転は落ちますが、
その商品が人気モデルなら旧モデルでも
一定の需要があるので売れていきます。

 

 

グラフ情報がまったくない場合

ランキンググラフ情報が出ない商品がまれにあります。
この場合は6か月・12カ月の長期グラフで確認してみましょう。
または詳細情報で出品者の増減をみましょう。

ライバルも仕入れたがらないので
売れる商品にあたる場合があります。

 

積極的に仕入れる

モノレートの履歴所得期間が短い場合

通常モノレートは3か月のグラフをみます。
しかし出品間もない商品は
3か月に満たない場合があります。

 

グラフの日付欄を確認しましょう。
10日しか日付しかない場合などあります。

 

波打ちが少なくても売れてる商品があります。
10日グラフで5回しか波打ちなくても、
1か月では15回。3か月では45回売れる商品です。

 

 

ぜひ上記を判断基準にして、
モノレートを使って仕入れしていきましょうね。

 

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

 

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキングへ

⇒クリックで⑲初心者講座に進みます

———————————————-
ハイボール飯島からのお知らせです(^^)/
———————————————-

★メルマガ登録で
さらに特別な情報と
メルマガ登録限定プレゼントがあります。

 

良かったらぜひ登録してくださいね!
http://atsutaro01.net/melmaga.html

★Facebookやってます。友達申請してね。超大歓迎です!
https://www.facebook.com/highball.iijima

★Twitterもやってます♪もちろんこっちも友達めちゃくちゃ大歓迎です!
https://twitter.com/highball_iijima

◎居酒屋BARオーナー電脳せどらーって??
プロフィールです⇒http://atsutaro01.net/profile.html

◎ハイボール飯島のブログ
http://atsutaro01.net/

◎メルマガ・ブログに対する感想や質問・ご意見など
いつでも・どこでも・どんなときも超気軽にどうぞ。

せどりに限らず、日常ごとやお悩み相談まで
色々何でも超気軽に相談してくださいね。

必ずしっかり目を通します(^^)
なんでも言ってくれたらとっても嬉しいです。

ここに直接送ってね。

http://atsutaro01.net/otoiawase.html

◆メルマガ配信解除はこちらです。
メルアド記入だけで大丈夫です。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=338144

———————————————————-
★発行者 ハイボール飯島

★特電法に基づく表記
http://atsutaro01.net/administrator/60.html

★本メールの著作権は、
ハイボール飯島にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
———————————————————-

ハイボール飯島