header

今年もやってきました。2019年花粉症対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です

 

今年も花粉症という、なる人には辛い時期がやってきました。

鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどは仕事や副業の能率を下げ、はかどりません。

長いこと悩まされる花粉症。近年の花粉症対策はどのように進んでいるのでしょうか。

花粉症対策について、紹介しますね。

1.まずは花粉症の原因から


花粉が鼻の中に入ると抗体(体外に追いだそうとする力)が肥満細胞に働きかけます。

肥満細胞は花粉を異物として検出、これを防御しようとヒスタミンやロイコトリエンなどの物質を放出し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー反応を引き起こしています。

この肥満細胞がアレルギーの原因を作っているのです。

2.近年の花粉症の治療薬事情

のみ薬の効果は

アレルギー物質を抑える薬として、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬などの抗アレルギー薬があります。

くしゃみ、鼻水に効果がある抗ヒスタミン薬は「第2世代」に移り、眠気や口の渇きといった副作用がだいぶ改善されているようです。

ただ、第1世代の抗ヒスタミン薬も効果が強さや即効性があるといった利点もあり、まだまだ捨てがたいようです。

第1世代などの旧薬を処方する医師も多く、市販薬でも鼻炎薬の8割程度がまだ第1世代のようです。

例えば、第1世代の薬の場合は就寝前に飲む。とか、第2世代の薬の場合は、症状が出ていないうちから服用を開始するなど、薬により飲み方を変える方法もあります。

症状や状況を医師に話し、相談しながら決めるのがよいでしょう。

市販薬を購入する場合、第2世代の抗ヒスタミン薬には、「アレグラFX」、「アレジオン20」などがありますが、購入する際は薬剤師さんに相談してみてくださいね。

効果に安定性がある貼り薬が登場

久光製薬から貼るタイプの第2世代アレルギー性鼻炎治療薬「アレサガテープ」が販売され、2019年の今季から使用が開始されたようです。

現時点では市販薬はなく、処方薬のみになります。

また、年齢は15歳からとなり、小児は使えません。

使い方は1日1回顔から下の上半身に貼り替えていくだけ。24時間安定した効果があるようです。

貼り薬には、このような利点があります。

・皮膚から薬が入るため、胃腸・肝臓への負担をかけない。
・貼った場所から薬がゆっくり吸収されて血中に入っていくので、効果の持続性が期待できる。
・貼るだけという使いやすさは、誤嚥リスクのあるお年寄りにも使える。

第2世代で改善された副作用の軽減に加えて、安定した効果があれば、期待も大きいですね。

注意する点としては、かぶれ予防のため貼り替え場所を変えていく必要があります。

点鼻薬や点眼薬は症状が出る前から始めよう

鼻や目の炎症がひどくなるほど、体の反応は敏感になるようです。

炎症が出てしまったあとではもう遅い。

ということで、症状が出る前から薬の使用を始めると、炎症を抑制させ、症状を軽くする効果が期待できます。

バレンタインデー辺りから始めるのが頃合いのようです。

点鼻薬とのみ薬、早期に治療を始めるならどちらがよいのでしょう。

ステロイド点鼻薬の方が、のみ薬の抗ヒスタミン薬よりも鼻粘膜の炎症を抑える効果がある、という研究結果が出ているそうです。

ステロイドというと、体に悪いのではと不安になりますが、成分は注入した鼻だけに作用し全身には渡らないので、副作用は非常に少なく、これなら子供でも安心して使えそうです。

点眼薬も同じで、かゆみが出る前から治療を始めることで症状を抑えられると言われています。

目薬をドラックストアなど市販で購入するときは、抗ヒスタミンを選びましょう。少々刺激が強いと感じた人は、クロルフェニラミンマレイン酸塩という成分が入った点眼薬だと刺激も低いようです。

アレルゲン免疫療法に錠剤が登場

アレルゲン免疫療法は、症状が出ない程度の花粉量を長期間かけて体内に入れ、アレルギーに免疫をつけてしまう治療方法です。

以前は治療薬を注射する「皮下免疫療法」のみでしたが、治療薬を舌下に入れる「舌下免疫療法」が登場、家で薬が飲めるようになり、治療が手軽になってきました。

さらに、治療薬は今まで「シダトレン」という液体タイプでしたが、2018年から「シダキュア」という錠剤が発売されました。

有効性が上がっただけでなく、錠剤は常温の管理ができ、冷蔵保存していた液体よりも管理が楽になります。

また、液体タイプは年齢制限が12歳からだったのが、錠剤は小児から服用できるようになりました。

小さいうちから治療ができるのは強みですね。

舌下免疫療法は、少々根気がいる治療方法です。

✔舌下に薬を入れて数分待ち飲み込む。その後5分間は飲食、うがいを控える。これを毎日続ける。

✔医者に通う頻度も月1~2回と多く、その分治療費もかかる。

✔1年から5年といった、治療期間に個人差がある。

根気はいりますが花粉症の根本治療なので、長い治療の先には穏やかな春が待っていることでしょう。

 

3.クスリ以外にもある花粉症対策

■メガネは花粉症対策に効果が高い

普通のメガネをかけるだけで、目に入る花粉の量を半分に減らせます。
花粉対策メガネは更に効果大です。

■目の洗い流しは人工涙液の点眼薬がおすすめ

目がかゆくなったときは、目を洗い、花粉を流してしまうと楽になります。
水道水は塩素が入っていて目を痛めてしまうこともあるので、控えたいところです。

目の周りはデリケートなので、洗うのは目だけで充分です。

涙に近い成分である人工涙液の目薬がおすすめです。
防腐剤不使用であれば、さらに安心して使用できます。

人工涙液を片目2、3滴ずつさします。目から溢れた目薬と一緒に花粉も出てくるので、軽くティッシュで拭き取ります。

■空気清浄機は玄関に置く

外から帰ってきたら、服に付着した花粉は玄関で払い落とし、空気清浄機で除去してしまいます。これで部屋への花粉の持ち込みを抑えることができます。

■外出時はナイロン素材などのコートやジャケットがよい

外出時の服は、花粉が付着しても手ですぐに払うことのできる素材がよいでしょう。
コートやジャケットは玄関で脱いでしまえば、部屋への花粉の持ち込みを抑えることができます。

■ハウスダストを無力化、アレル物質の舞い上がりを防止するスプレー

掃除しても取り切れないハウスダストを無力化するスプレー「アレリア シールドミスト」がサンスターから新発売されました。
ここで言う、ハウスダストとは、ダニの死がいやペットの毛といったようなアレル物質なのですが、舞い上がりを防ぐ効果もあるので、花粉にも効果がありそうです。

無力化する成分「ガロタンニン」は、人にやさしく、寝具やソファなど布製品への着色も起きにくいようなので、安心して使えそうですね。

4.まとめ

花粉症の対策には色々な方法があるようですが、複数の選択肢の中から選べる時代になってきました。

医師と相談しながら、自分が合いそうな薬や対策を見つけていきましょう。

市販の薬を購入する際は、用法、用量を守って使いましょう!

 

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ハイボール飯島からのお知らせ

◆「無料メルマガ登録」でプレゼント◆

メルマガ登録で、さらに特別な情報と
メルマガ登録限定無料プレゼントがあります。



無料プレゼントは十数名の現役せどらー仲間で数か月かけて共同制作した
超有料級の資料【せどりで稼げる スーパーガイドブック】
100店舗以上1000商品の仕入れリスト。

書店のせどり書籍より、濃厚な内容の超絶有料級プレゼントとなっています。
しかもこの資料は、現在も最新情報に日々進化中です。
登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!

無料メルマガは、ほぼ毎日配信しています!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=338144

◆さらに「ラインお友達追加」でプレゼント◆

LINE始めました



こっちもメルマガとは違う内容をほぼ毎日配信中!
https://line.me/R/ti/p/%40fys3194o

ID検索の方は、@fys3194o で検索お願いします。

現在お友達追加で、無料プレゼント中!!!
ぜひメルマガとあわせてダブルゲットしてくださいね。

〇「時間を短縮するための電脳せどり」セミナー動画
私の卸リピート仕入れ&外注化のノウハウが詰まった動画です。


〇Amazon売上管理表(エクセル)
私が実際に管理しているエクセルシートです。
LINEでは、メルマガとはちょっと違い、副業・Amazon物販について・ちょっとプライベートなど。
また、過去の人気記事から厳選チョイスしてお届けしています。

◆Facebook & Twitter やってます◆



超気軽に友達申請してね!https://www.facebook.com/highball.iijima



もちろんこっちも大歓迎です!https://twitter.com/highball_iijima

ハイボール飯島