header

96.Amazon販売で商品単価を引き上げると楽になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です

 

Amazon(アマゾン)で商品販売を始めてから、
2年5ヶ月が経ちました。

 

当然スタート時には、
仕入れ判断のミスであったり、
Amazon FBA に納品できない商品(血圧計)を
仕入れてしまったり

 

初めは多くの失敗をしてきました。
まあ今でも、たまにミスはありますが笑

 

今日は、せどりに慣れてきたら
商品販売単価を少しづつ
上げていきましょうって話です。

 

 

Amazon販売で商品単価を引き上げると楽になる

 



 

 

せどりスタート時は低単価商品仕入れからスタート

 



初めて商品を仕入れるのに、
いきなり高単価なものを仕入れるのって不安ですよね。
売れなかったらどうしよう….
って思いますよね。

 

私もせどりを始めたばかりの1~2週間は、
仕入れ値100円~1000円くらいの
単価の安いものを
多く仕入れていました。

 

まずは、ここで練習と思いながらやっていました。
単価の安いものは仕入れミスしても、
損害も少ないですからね。

 

ここでは物販の経験を多く積むために、
仕入れ⇒ Amazon 納品⇒販売利益

 

この成功体験をたくさん積みます。

 

ちゃんと仕入れば売れるんだということを、
体感し体と頭に染み込ませます。

 

低単価商品の仕入れ基準について



低単価商品の基準は
人によってそれぞれです。
使える仕入れ資金・経済状況によっても違います。




1商品仕入れ金額、
3,000円が高いと思う人もいれば、
安いと思う人もいます。


1商品仕入れ金額、
5,000円が高いと思う人もいれば、
安いと思う人もいます。




この基準については、
個人個人で無理のしない程度で良いです。

 

判断基準は自分の気持ちの中にある、
『不安度・不安感』で決めると良いです。


 

この商品売れなかったらヤバイって
人間なのでミスはありますので、
不安が強すぎるものだと、精神衛生上良くないですね。

 

私もいまでも、1商品1点の仕入れ金額が
30,000円くらいになると、
ちょっとドキドキします。

 

このドキドキが不安であれば、
精神的に良くないので
見送る基準で良いと思います。

 

販売経験が増えたら、少しづつ商品単価をアップする



仕入れ・販売を何回か繰り返すと慣れてきます。
しっかり商品が売れることを体感できます。


自分のモノレート判断で仕入れた商品が売れる。
この成功サイクルを繰り返すことによって、
自信が生まれてきます。

 

販売回数を繰り返す事によって、
自信が確信に変わってきます。

 

そのように考えられるようになったら、
今後の新規仕入れ商品の商品単価を
少しずつ引き上げていきましょう。

 

Amazon のセラーセントラルぺージの右側の
『売上実績』>『売上ダッシュボード』の
『品目あたりの平均売上』をみると自分の商品平均単価がわかります。

 



 

具体的な商品単価アップについては、
意識するだけで十分です。

 

例えば、いま上記だと4,131円ですが、
今後新の規仕入れ商品を5,000円以上を
中心に狙ってみるなどです。

 

仕入れ単価を引上げて、上手く仕入れ出来なければ、
現状に立ち戻って、今までどおりでオーケーです。

 

商品単価アップは、少し意識するだけで、
自然に上がっていきますので、
明確にいくら以上とする必要はありません。

 

もちろん、すでに仕入れている
リピート仕入れ可能な商品(再仕入れ再販売・追加補充可能商品)
は単価が低くても、利益が取れるうちは繰り返し仕入れです。

 

仕入れて納品するだけで利益でる商品。
目の前の利益を捨てちゃうのは、
もったいないですからね。


 

手法として低単価商品を
数多く販売して、利益を取る手法もあります。
もちろん、これもとても有効な方法で私の推奨手法です。

 

今日は『単価を上げると楽になる』
という視点でお話ししています。

 

商品単価を引上げることのメリット

販売数が少なくても売上げ利益を確保できる

月商100万円達成するのに、
・商品単価2,000円だと月間500個販売
・商品単価5,000円だと月間200個販売

少ない販売数量でも同様の売上げ確保。
同じ販売量であれば、月商250万くらいまで行きます。

 

時間効率が上がる

少ない販売数でも売上げが上がるので、
納品作業や発注作業の手間も緩和されます。
副業で取り組んでる方など、使える時間が少ない場合などは特に有効です。

時間効率が上がり、時間短縮になります。

まとめ



1.商品単価アップすると
少ない数量で売上げ利益アップが出来て、
納品・発注作業も時間短縮出来る。

 

2.商品単価アップは、
現状販売単価を意識するだけでオーケーです。

 

 

初心者講座も96本目になりました。
その他の初心者講座はこちらからどうぞ♫

http://atsutaro01.net/category/sedoribeginner

 

 

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

 

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

———————————————————————————
ハイボール飯島からのお知らせです(^^)/
———————————————————————————
メルマガ登録
さらに特別な情報と
メルマガ登録限定無料プレゼントがあります。

無料プレゼントは十数名の現役せどらー仲間で数か月かけて共同制作した
超有料級の資料です。
100店舗以上1000商品の仕入れリスト。

書店のせどり書籍より、濃厚な内容の超絶有料級プレゼントとなっています。

登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!
http://atsutaro01.net/melmaga.html

 

LINE始めました。⇒ https://line.me/R/ti/p/%40cye7461n

現在お友達追加で、無料プレゼント中!!!

〇「時間を短縮するための電脳せどり」セミナー動画
私の卸リピート仕入れ&外注化のノウハウが詰まった動画です。

〇Amazon売上管理表(エクセル)
私が実際に管理しているエクセルシートです。

 

★Facebookやってます。友達申請してね!
https://www.facebook.com/highball.iijima

★Twitterもやってます♪もちろんこっちも大歓迎です!
https://twitter.com/highball_iijima

———————————————————————————

ハイボール飯島