header

95.卸リピート商品仕入れで、テスト1個仕入れの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です。


 

私の電脳せどりでの仕入れのメイン手法は、
卸問屋からのリピート商品仕入れです。

 

仕入れ先は、卸サイトや直接取引です。

 

リピートと言っても、
特定購入者(同一購入者)が
何回か購入してくれるって意味では無いです。


 

自分自身がリピート(再購入)仕入れ
できる商品って意味です。


 

なのでジャンルは、
Amazon上で安定して売れている商品であれば、
ジャンルは問いません。

 

1人1人は一回しか買わない商品でも、
購入者が多ければ、
私自身は繰り返し再購入再販売(リピート)出来ますからね。

 

できるだけ長く売り続けたいので、
モデルチェンジの無い
ロングセラー商品が良いです。

 

卸リピート仕入れで、
私が気をつけている点は
「積極的にテスト仕入れですることです。」


 

以前は、卸問屋と言うと、
「大量に商品を注文しなければならない」
「1種類で100ロット注文など」

 

在庫を多く抱えることに対する
不安がありました。


 

最近は、
卸業者・卸問屋側も変化してきています。


 

1個から注文可能な卸問屋、
少量でも対応可能な卸仕入れが
できるようになってきています。

 

一般のネットショップ同様、
パソコンからの仕入れも可能です。

 

せどりの良いところは、
1個から仕入れられることです。


 

これを私は、
卸リピート仕入れでも応用します。


 

積極的に1個テスト仕入れすることです。

 

私の扱っている商品は、
すべてリピート可能な商品です。

 

新規で商品を仕入れる際、
モノレートの波打ち(回転)が若干悪くても
ライバル数が少なければ、
テスト仕入れしていきます。


 

もちろん1か月以内に
売れる商品がベストです。


 

利益率が低くても、回転が凄い良い商品。
これも積極的にテスト仕入れです。

 

テスト仕入れの重要性について



 

 

例えば仕入れ判断をして、
2つのパターンがあります。


 

・仕入れないと判断した商品(0個)
・1個テストで仕入れようと判断した商品

 

・仕入れないと判断した商品(0個)

 

上記の判断した商品は、当たり前ですが永久に0です。
この商品を今後二度と販売することはないでしょう。

 

・1個テストで仕入れようと判断した商品

 

この商品は、


・モノレートの波打ちが悪い(月間販売個数が少ない)
・ライバルが多い
・利益額が少ない


などの懸念材料がある場合だと思います。

 

当然、判断が難しい場合だと思います。
簡単だったら悩みませんからね。

 

まず回転が良く売れている商品で、利益額が少ない商品。
これはすぐに売れると思いますので
私の場合は積極的にテスト仕入れです。


 

ライバルが出て価格が下がったとしても、
売れ残りはないと思います。


 

モノレートの波打ちが悪い、ライバルが多いもの。
これは1ヶ月以内に売れる可能性のある商品であれば、
積極的にテスト仕入れです。


 

1ヶ月以内に売れるよそうであれば、
季節関係なく平均的に売れている商品であれば
遅くても3ヶ月あれば十分売れます。

 

ここでテスト仕入れの重要性についてですが、

 

・仕入れないと判断した商品(0個)

 ⇒永久に0。よって売上げ利益にならない。

 0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0

 

 1個利益500円だとしたら、0円

 

・1個テストで仕入れようと判断した商品

 ⇒売れれば補充⇒また売れれば補充……..(リピート仕入を繰り返す)

 よって売上げ利益が継続的に上がってくる。

 

 0⇒1⇒2⇒3⇒4⇒5⇒6⇒7⇒8⇒9

 

1個利益500円だとしたら、9回で4500円。
しかも今後も永続的に追加される可能性あり。
50回繰り返し販売したら、この商品だけで25000円の利益。

 

仕入れなければ当然0です。

 

もしテストして中々売れないなどあれば、
利益0で処分、すでに他の仕入れ商品で利益が出ているなら、
この商品赤字で処分しても、この商品に対して、
売れる商品か売れない商品かの情報を取ることが出来る。

 

このテスト経験を繰り返せば、
モノレートの分析精度、実際の販売数のデータ取り、
経験値、仕入れ判断の精度はさらに上がります。

 

当然自分のスキルアップにも有効です。

 

また当然ですが、
この仕入れない・1個テスト仕入れの判断で、
売り上げ利益は大きく変わってきます。

 

この1商品だけで、
これだけの売り上げ・利益の違いを生みます。

 

当然仕入れで迷うところは、似たようなところです。

 

テストしなければ
0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0⇒0


 

テストする人は
この用に取り扱い商品種は、
下記のようにドンドン増えて行きます。

0⇒1⇒2⇒3⇒4⇒5⇒6⇒7⇒8⇒9…………

 

さっきの例であれば、
1商品50回リピート25000円の利益×9種=225,000円



これは商品が売れてる限り、
もしくは商品種が増え続ける限り永久に増加し続けめす。


 

これが、
私がテスト仕入れを推奨する理由です。

 

この仕入れ判断の境目、
当然物販なので仕入れ資金もかかるので、

これは、使える資金にもよるところがありますが、

 

もし、資金投入可能であれば、
「積極的にテスト1個仕入れ」オススメします。


 

テスト仕入れで赤字になったらどうするの??



 

例えば10種類の商品を
テスト仕入れするとします。

 

全てはじめはテスト1個仕入れするとして

 

7種が-100円で仕入れミスで損切り失敗商品 -700円
3種が+100円の成功商品    +300円

 

合計ー400円で損した!

 

と思いますが、実は違います。

 

私のやっている手法は、卸リピート仕入れです。
当然再購入も可能で追加補充がききます。

 

セール品や1回限りしか
仕入れられない商品とは違います。

 

失敗商品は仕入れないとして、1回で終了。

 

この成功商品3種が3回転すれば、
+900円でトータル200円のプラスになります。

 

さらに回転し続ければ、
さらに利益は増えていきます。

 

ここが、テスト1個仕入れの重要な点です。

 

全体利益で失敗テスト分は簡単に補填できます。
これで3種、今後リピート(再仕入れ・再販売)できる
商品が見つかれば安い物です。

 

モノレートの波打ち以上に売れる商品がある?



 

 

あとは、モノレートの波打ち以上に
売れる商品もありますよね。

 

逆もあります。

 

これも、仕入れてみない検証出来ない点です。
机上ではわからない点です。

 

モノレートは、あくまでも予測。
実際販売すると、しっかりデータが取れます。

 

ここを意識すると
売り上げは飛躍的に伸びると思います。

 

まずは、商品種を増やして実戦で販売し、
駄目な商品・利益が薄い商品は切っていく方法のほうが
成長スピードは早いです。

 

 

卸リピート仕入れの仕組み

 

今日は私の
「卸リピート仕入れの仕組み」の
イメージ図を描いてみました。

 

もちろんパソコン音痴なので、手書きです^_^
下手くそな絵ですが、こんな感じで仕組みは簡単です。

 



 

初心者講座も95本になりました。

◆その他の初心者講座はこちらから◆

http://atsutaro01.net/category/sedoribeginner

 

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

 

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

———————————————————————————
ハイボール飯島からのお知らせです(^^)/
———————————————————————————
★メルマガ登録で
さらに特別な情報と
メルマガ登録限定無料プレゼントがあります。

無料プレゼントは十数名の現役せどらー仲間で数か月かけて共同制作した
超有料級の資料です。
100店舗以上1000商品の仕入れリスト。

書店のせどり書籍より、濃厚な内容の超絶有料級プレゼントとなっています。

 

登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!
http://atsutaro01.net/melmaga.html

★LINE@始めました。⇒ https://line.me/R/ti/p/%40cye7461n

現在お友達追加で、
Amazon売上管理表(エクセル)無料プレゼントしてます!

★Facebookやってます。友達申請してね!
https://www.facebook.com/highball.iijima

★Twitterもやってます♪もちろんこっちも大歓迎です!
https://twitter.com/highball_iijima

———————————————————————————

ハイボール飯島