header

⑭Amazon価格改定について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です。

 
前回はAmazonでの商品コンディションの
記載方法について説明しました。

 
自分の商品を出品したら、
次は価格改定です。

 
価格決定が
利益と販売に大きく影響するから重要です。


 
Amazonでは
カートボックスというものがあります。

 
カートボックスを取るとすぐに売れます。(下記画像参照)
次に売れる場所が、
『こちらからもご購入いただけます。』の場所です。(下記画像参照)

 

 

4
カートボックスの優先順位は商品は『新品』
FBA出品者の最安値が最優先です。


 
といっても、正しい方法で
しっかりルールに沿って価格改定していけば、
何一つ難しいことはありません。

 

価格設定について
Amazonに出品するときの適切な価格は、

『自分と同じ発送方法(FBAもしくは自己発送)で同じコンディションの最安値』です。


 
同一コンディションの最安値から
1円安くしようなどしないで下さい。
値下げ競争がはじまってしまいます。

 
コンディションについては、
新品・中古-ほぼ新品・中古-良いなど、
他の出品者と同一で大丈夫です。


 
黙っていても
商品は売れていきますので安心してください。

もし同一発送方法・同一コンディションがいない場合は?



よく気がつきました!いい質問ですね。
このようなケースも多々あります。


 

その時は、下記のルールで価格設定しましょう。

 

①発送方法の違い
自己発送価格=FBA価格
(自己発送の値段の5%~10%の上乗せ価格)


 

②コンディションの違い(中古の場合)
自分より一段階下のコンディションの売値に5%~10%の上乗せ価格

 
①についてはAmazonでは多少値段が高くても、
FBA出品者が優先となっています。
Amazon倉庫内にある商品で、
欠品や配送遅延などない理由から、最優先となっています。


 
②の中古商品については自分のコンディションが
『中古-非常に良い』であれば他出品者の『中古-良い』
の売値に5%~10%の上乗せ価格という意味です。

価格見直しのタイミングについて

①価格改定は最低でも1日1回。
②1日2回できる人は昼の12時前と夜22時前がベスト
③該当するライバルたちの最安値と同じ価格にあわせる。


 

上記に注意すれば、
確実に商品は売れていきますので
安心してくださいね。

 

正しいやり方でやれば、簡単です。


 
今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキングへ

⇒クリックで⑮初心者講座に進みます


———————————————-
ハイボール飯島からのお知らせです(^^)/
———————————————-

★メルマガ登録で
さらに特別な情報と
メルマガ登録限定プレゼントがあります。

現在メルマガ限定読者さまプレゼントに関しては、
熱い情報を厳選し製作中です。

メルマガ登録して頂いた方には、
完成後に確実にプレゼント配信しますので
もう少しお待ちくださいね!

良かったらぜひ登録してくださいね!
http://atsutaro01.net/melmaga.html

★Facebookやってます。友達申請してね。超大歓迎です!
https://www.facebook.com/highball.iijima

★Twitterもやってます♪もちろんこっちも友達めちゃくちゃ大歓迎です!
https://twitter.com/highball_iijima

◎居酒屋BARオーナー電脳せどらーって??
プロフィールです⇒http://atsutaro01.net/profile.html

◎ハイボール飯島のブログ
http://atsutaro01.net/

◎メルマガ・ブログに対する感想や質問・ご意見など
いつでも・どこでも・どんなときも超気軽にどうぞ。

せどりに限らず、日常ごとやお悩み相談まで
色々何でも超気軽に相談してくださいね。

必ずしっかり目を通します(^^)
なんでも言ってくれたらとっても嬉しいです。

ここに直接送ってね。

http://atsutaro01.net/otoiawase.html

◆メルマガ配信解除はこちらです。
メルアド記入だけで大丈夫です。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=338144

———————————————————-
★発行者 ハイボール飯島

★特電法に基づく表記
http://atsutaro01.net/archives/60.html

★本メールの著作権は、
ハイボール飯島にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
———————————————————-

 

ハイボール飯島