header

孔子の「論語」を人生のヒントに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です。

仕事・家庭・趣味など様々な時間を過ごす中で、幾度か人生の岐路を迎えられたことはないですか?

私であれば、会社を辞めて自分で居酒屋はじめて、この電脳せどりはじめた時などです。

そんな時ふと我に返り、このまま人生を歩み続けてよいものだろうか?この選択で良かったのだろうか?など、思い悩まれる瞬間もありますよね。そこで今日は孔子の「論語」から役立ちそうな言葉を幾つかご紹介し、是非人生のヒントにして頂きたいと思います。

まずは‘孔子‘たる人物ですが、中学生・高校生の頃国語や漢文の授業で耳にされたことはないでしょうか?「子曰く・・・」というあれですよね。懐かしいフレーズに感じられる方も少なくないと思います。

 


 

そもそも孔子は紀元前551年、中国は今の山東省曲阜で生まれたとされます。3歳(以降数え年)で父と死別、その後母の原儒集団で成長した彼は、その当時では珍しく識字力が高く、若くして役人に取り立てられみるみる立身出世を果たします。

54歳で大司寇(しこう)という国政を担当する大臣にまで就任し、50代でキャリアの絶頂を迎えました。しかし、そう長くは続かず失脚、弟子達と流浪の旅を経て祖国の魯国に帰り学校を開きます。73歳で没するまで弟子は3000人ほどいたとの説もあるほどの人物でした。そんな彼の弟子達が孔子の言葉を書きとめ編纂したものが「論語」です。

 


 

日本に「論語」は3世紀頃に入ってきたとも考えられており、聖徳太子をはじめ福沢諭吉、渋沢栄一、夏目漱石、志賀直哉などの名だたる著名人から文豪まで、絶大な支持を受けたとされる書です。現代ですら大企業の経営トップらも愛読されているようです。それではそんな論語から心に残る言葉を幾つかご紹介したいと思います。

孔子の「論語」を人生のヒントに

1.故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る

これは過去の出来事などを学べば、そこから現代でも役立てることができる。つまり、過去のことを無視したりおろそかにしていると、今そして未来のこともわからないでしょう、との教えだそうです。

2.子曰く、三軍も師を奪う可べきなり匹夫も志を奪う可からざるなり

これは、どんなに多大な軍勢でもその総大将(の命)を奪うことが出来る。しかし、平凡な人であっても志だけは奪えない。つまり、志をもって信念を曲げることなく生きていくべきだ、との教えだそうです。

3.後生(こうせい)畏(おそ)る可(べ)し

若者は大きな可能性があり、末恐ろしいもの(存在)だ。つまり、年長者は若者だからといって軽んじたり侮らないことだ、との教えだそうです。

孔子の論語から幾つか人生のヒントになりそうな言葉を紹介しました。

明日からの人生に少しでも役立てば幸いです。

 

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ハイボール飯島からのお知らせ

◆「無料メルマガ登録」でプレゼント◆

メルマガ登録で、さらに特別な情報と
メルマガ登録限定無料プレゼントがあります。



無料プレゼントは十数名の現役せどらー仲間で数か月かけて共同制作した
超有料級の資料【せどりで稼げる スーパーガイドブック】
100店舗以上1000商品の仕入れリスト。

書店のせどり書籍より、濃厚な内容の超絶有料級プレゼントとなっています。
しかもこの資料は、現在も最新情報に日々進化中です。
登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!

無料メルマガは、ほぼ毎日配信しています!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=338144

◆さらに「ラインお友達追加」でプレゼント◆

LINE始めました



こっちもメルマガとは違う内容をほぼ毎日配信中!
https://line.me/R/ti/p/%40fys3194o

ID検索の方は、@fys3194o で検索お願いします。

現在お友達追加で、無料プレゼント中!!!
ぜひメルマガとあわせてダブルゲットしてくださいね。

〇「時間を短縮するための電脳せどり」セミナー動画
私の卸リピート仕入れ&外注化のノウハウが詰まった動画です。


〇Amazon売上管理表(エクセル)
私が実際に管理しているエクセルシートです。
LINEでは、メルマガとはちょっと違い、副業・Amazon物販について・ちょっとプライベートなど。
また、過去の人気記事から厳選チョイスしてお届けしています。

◆Facebook & Twitter やってます◆



超気軽に友達申請してね!https://www.facebook.com/highball.iijima



もちろんこっちも大歓迎です!https://twitter.com/highball_iijima

ハイボール飯島