header

【募集終了】成功確率50%オーバーの情報発信チーム~2018.6.20更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
居酒屋BARオーナー電脳せどらー
ハイボール飯島です。

 

金曜日から募集されている、
クラスター長谷川さんの
情報発信チーム「SEN-IJIGEN-」ですが

 

本日19日(火)23:59で募集終了となります。




 

~募集文はこちら~

http://mail.omc9.com/l/02bXoJ/JRXtUvs3/

 

興味がある人は
悩んでる人迷っている人は、
直接長谷川さんに質問しちゃいましょう。

 

~質問はライン@で直接聞いちゃいましょう~

http://mail.omc9.com/l/02bXoJ/7R5OUUx3/

 

あと!質問など不明点は直接聞いちゃいましょう!

 

クラスター長谷川さんのライン@1対1トーク。
期間限定で解放してます。

 

ここまでたくさんの情報発信ビジネスの動画を見て
質問、相談たくさんあると思います。

 

ぜひぜひ、不明な点は遠慮なく直接しちゃってください。
相談したい人は、こちらからどうぞ!

 

~24回分割払いが可能です。~

インフォカート決済システムで、
最大24回払いまで分割決済が可能です。

 

月々

エクストリームコースは
1万2500円

プラチナエクストリームコースは
1万6600円

となります。

 

 

◆実施期間
2018年6月25日(月)~2019年3月まで

 

 

クラスター情報発信チーム質問、回答集
長谷川さん記事抜粋2018.6.19) 

~下記記事抜粋です(原文のままです。)~

 

読者さんからあった質問に関して
回答をお伝えしますので、参考にしてみてください。

Q. チームを持ったり、教えたくないんですけど。。。

チームを持つ必要は、ありません。

キャッシュポイントは

・ツール
・教材(動画・PDF・音声など)
・セミナー
・合宿
・スクール(塾・チーム)
・コンサルティング

です。

これらを自分で企画し販売するか
紹介して報酬を得るかとなります。

ですので、この中から

得たい報酬スタイルの活動をされてください。

Q. ブログを作って記事更新スタートまでどれくらいですか?

だいたい、1ヶ月くらいですが

早い人で2、3週間、遅めで2ヶ月くらい。

という感じです。

Q. 情報発信てどれだけ時間がかかるか?

クラスターチームで
しっかりと結果を残してくれた
ハイボール飯島さんの答えは

指導を除いて今は、1~2時間程度。

ということです。

スタート時は、平均すると
だいたい1日2~3時間くらいだったとのことです。

ですので、最低でも、毎日1時間か
1週間でトータルで7時間以上は確保してほしいところです。

飯島さんの回答は
クラスターの想定範囲内でした。

私も、同じくな感じです。

Q. 一般募集で分割決済が可能になりましたが、手数料はいくらですか?

分割決済による手数料は、一切かかりません。

ですので、30万円だと24分割で1万2500円
40万円だと1万6666円ほどとなります。

Q. チーム貢献システムのところで、誰かをSEN2期に紹介した場合、
無条件で参加することができますとありますが
基本的には1期の期間が終わったらSENに参加できなくなるのでしょうか?
誰か紹介できなかった場合、何ができなくなるのでしょうか?
誰か紹介できなかった場合、何ができなくなるのでしょうか?

1期が終わっても、コミュニティーは残りますし、そのコミュニティーで発言も継続可能です。

誰か一人でも、SENの2期を紹介してくれた場合は、
クラスターの集中期間と同じ通常のコンサルが2期も続くということです。

逆に、SEN2期へ紹介した人がいない場合、
すでにチーム参加代を稼いでいれば、コンサル終了となります。

その後も、軽い質問は問題ないですが

がっつりとしたサポートは、お断りする可能性が高いです。

例えば、ブログの構成を再度一緒に考え直してくれ。

とか

今度のコンサル募集企画販売の時に、
戦略構成チェック、レターチェックなどのアドバイスをがっつり欲しい。

とか。

そのような感じのコンサル継続は、
チーム参加代の元がとれている場合は
お断りの可能性が高いということです。

Q. せどり系以外の場合の情報発信でも参加して良いですか?

せどり関係限定では、ありません。

ただ、入会者はせどらーが数多いという点では
マイノリティーになります。

そういうのを、とても気にするのでしたら
ちょっと居心地が悪い可能性があります。

あとは、募集案内に記載しました
5.集客最強力化システム
の媒体内のプレゼントの準備などでは
せどらーならではのメリットになってしまうと思います。

Q. 情報発信のセミナー動画をメルマガで見させて頂いたのですが、
コンサルでは更に詳しい内容のコンテンツになるのでしょうか?
それとも、動画の内容が全てでしょうか?

コンサル(チーム)では
もちろんさらに詳しいコンテンツは 用意してあります。

ただ、めちゃくちゃ莫大かと言うと
そうではありません。

こちらから情報を多く与えすぎて
身動きができなくなると意味がないからです。

だから、ほんとに必要であり
重要なコンテンツだけお渡しします。

とにかく、行動、実践が
ほんとに最優先だからです。

そのために
あえて莫大な量にはならないようにしようと思っています。

とは言っても 0期生の時は
動画だけでも20本近くはあったのですが。

今やっている情報発信チームのコンテンツが
土台となっておりますし、 より精査されたものになっていきます。

Q. ブログ媒体に関して、どうやって作っていくのですか?

ワードプレスブログで
自分たちで作っていこうと思っています。

そんなに、難しい操作は基本的にありません。

また、ブログ作りを
業者に依頼したい場合は紹介は可能です。

Q. 現在、せどりなどのコミュニティーに入って2ヶ月くらいが経って
まだ半分くらい残ってるのですが・・・・・・。

クラスター個人的には
今、期間中で所属しているチームがあるのでしたら

そちらに集中することを強くお勧めします。

Q. 勉強会は、0期と1期は合同になるのでしょうか?

勉強会は、初めの数回は、
別々でしようかなと思っています。

期間中の途中からの勉強会は、
1期メンバーでスタートして、
途中から0期が合流
という流れになると思います。

ただ、人数の関係で
多少変更になる可能性はあります。

以上が、読者さんからの質問となります。

解決や参考になったでしょうか?

 

———–ここまで————————————————————-

 

 

これまで情報発信セミナーの動画はみられましたか?
動画は期間限定配信なので、
興味ある方は早めに全部みて下さいね。

 

観られなくなっていたらゴメンナサイ。
下記に過去の動画がありますのでみて下さいね。

 

改めて今日私もみましたが、
これ公開しちゃって良いのってレベルです。

 

今日長谷川さんから
メッセージがありました。

 

内容はタイトルどおりの通りなんですが、
私たちの情報発信0期チームが
50%オーバーの成功確率!

 

 

0期生のスタート時のメンバーは34名。

 

そのうちブログを立ち上げ、
記事投稿の習慣までたどり着いた人19名

 

記事投稿の習慣までたどり着かなかった人
ちょっとだけ活動した人9名

 

ほぼほぼスタートせずに入会したうちに入らない人
全く活動しなかった人6名

 

そのうち結果が出た人は・・・10名。

 

実績者

年収1700万達成 1名
年収1300万達成 1名
年収1000万達成 1名
年収500万達成 1名
月収100万達成 1名
月収50万達成 1名
月収20万達成 2名
月収10万達成 1名
月額課金報酬 8万達成(半年継続) 1名

 

期間は、1年半すぎた段階です。

 

長谷川さんの見解で、
この10名は引き続き情報販売で稼いでいこうと思えば
稼いでいけるステージに入っています。

 

そして、
ブログを立ち上げ、記事投稿の習慣までたどり着いたけど
結果がまだ出てない人は、8割以上続けてる人がほとんどなので
結果が順次でていくと予想しています。

 

記事投稿の習慣までたどりついた人のうち
52%の人がなんかしらの結果を残しています。

 

年収500万以上の
誰が聞いても大きな結果を残したのは4名です。
(3名は情報販売年収だけで1000万オーバーです。)

 

記事投稿の習慣までたどりついた人のうちの
21%です。

 

全入会者の割合からしても実績をだした人は
34人中10人なので29%です。

 

この情報業界に5年いる長谷川さんいわく、情報発信のチームで、
ここまでの高い確率で実績をだしているのは他に無いようです。

 

※上記、長谷川さんのブログをコピりました。

 

それでは、そんなチームの募集概要はこちら!!!

 

クラスター情報発信ビジネスチーム「SEN1期」の内容



 

そして長谷川さんの情報発信にかける、意気込み動画です。

今回のチームにかける熱い思いが詰まっています。

 

私のことも、24分過ぎくらいのところで
話していただいてます。

 

クラスター情報発信ビジネスチームへの意気込み!

 



 

 

私のチーム入会経緯と感想
(情報発信ビジネスチーム0期)

 

私、ハイボール飯島も
クラスター長谷川さんの
情報発信ビジネスチームの0期生です。


 

2016年の8月にクラスター長谷川さんの
情報発信ビジネスセミナーを聞き、
電脳せどりの情報発信を始めました。

 

私自身、情報発信を始めた理由は、
初めて電脳せどりのコンサルを受けた当日に、
こんな素晴らしいビジネスがあるのだと
驚いた思いがあります。


 

私は居酒屋バーを経営しています。

 

店舗ビジネスから比べると家賃の必要のない、
固定費のかからない、そして在庫リスクの少ない
Amazon物販はすごいビジネスだと感じました。

 

コンサルを受けた当日に、
いつか私もこんな素晴らしいビジネスを人に教えたい。

 

始める前から自分の電脳せどりの師匠に、
このようなことを言ったのを覚えています。

 

電脳せどりコンサル当日に
こんなことを言う人はいないと思います。

 

それほど、
このビジネスには衝撃を受けました。

 

いつしか人に教えるという目標を持ちながら、
電脳せどりで日々コツコツと継続。

 

私自身開始5ヶ月で
月商230万円を達成することができました。

 

ただ、教えるためには
情報発信が必要だと感じました。

 

理由は、電脳せどりの師匠を選んだときも、
ブログやメルマガを見て選んだからです。

 

そうは言っても、情報発信て何から
始めていいか全くわかりませんでした。

 

最短で成果を出すためには、
良き師匠の存在が必要です。

 

そんな中ラッキーなことに
2016年の8月クラスター長谷川さんの
情報発信セミナーが開催されました。

 

実は「せどり」ってものを知ったのも
長谷川さんのピンクの本からでした。
せどり業界の大御所ですからね。

 


 

「電脳せどりを人に教え、稼げる人を増やしたい。」
このような思いから情報発信を始めたいという気持ちで
セミナーに参加しました。


 

長谷川さんのセミナーを聞いた時に、
まさに私のやりたいこと、
自分に
必要なことはこれだと思いました。

 

クラスター長谷川さんは、
クラスターチーム0期から4期。
総勢500名以上のビッグチームを運営しています。

 

私自身、電脳せどりチームを設立したいと思っていたので、
長谷川さんの今までの発信・募集・運営の
成功のフォーマットをなぞれば、継続している限り
必ず目標に近づけると思いました。

 

もう一つの入会の決め手は
長谷川さんの人柄です。


 

私は営業の仕事を21年間やっていました。
数千人もの人と面会して、
交渉したり話したりしています。


 


少し話を聞くと、この人はどんな人か
すぐにわかっちゃいますます。

 

とてもソフトな感じで、
熱意のある誠実な人です。
人間的に素晴らしく尊敬しています。

 

ノウハウもそうですが、
誰に習うかが最も重要です。


 


その人が信頼できなければ
成果は絶対に出ませんからね。


 

チーム入会後は、
情報発信について右も左も分からない私に対し 、
情報発信の基礎から
長谷川さんには、
熱心に指導していただきました。


 

自分で言うのもなんですが、
長谷川さん以外の情報を全てシャットアウトし
言われた通り愚直にこなしてきました。

 

こう言うと、何だかカッコイイですが
長谷川さんに教えられたことを、
ただやってただけです笑

 

チームに入ったから出来たこと。
チームメンバー・仲間(同期)の存在も重要でした。

 

勉強会では色々メンバーから
アドバイスをもらったことや

継続・モチベーションを維持出来たことも
メンバーの存在です。



 

ブログやメルマガ配信はコツコツ作業。
せどりや物販と違って即金性がありません。


 


個別コンサルだったら絶対に
継続出来なかったと思います。

 

指導のおかげで、入会時
私の自己目標であった電脳せどりチームの設立。
現在、ハイボール電脳せどり塾を運営しています。

 

チーム入会時 に掲げた
「電脳せどりを人に教えると言う」
目標を達成することができました。

 

塾も1期・2期と募集させて頂き、
1期は27名・2期は41名入会頂き
大きな成果を上げることが出来たことも
きめ細かな指導のおかげです。

 

これは指導なければ
絶対に達成できなかったことです。

 

情報発信チームに入会することによって、
人生を大きく激変させた、
そして自己目標達成をした実践者の一人です。

 

言うまでも無いですが、実践者・実績者として、
今回募集されるクラスター長谷川さんの情報発信チーム。

 

情報発信ビジネスを考えている人には
日本で一番最高のチームだと思っていますので、
私は大推薦します!


 

クラスター長谷川さんについてもっと知りたい!
実際にお話ししたいという希望があれば
私から紹介させてもらいます。

 

その際は私まで連絡下さいね。

 

 

期間限定!配信済みの情報発信セミナー動画

 

※注意※
動画は期間限定公開です!

 

配信終了している場合はゴメンナサイ。

 

 

情報発信ビジネスについて
(セミナー動画1)



 

・情報発信ビジネス業界について(真実)
・キャッシュポイントについて
・クラスターが情報発信ビジネスを始めた理由
・クラスターの情報発信ビジネスの実績

 

情報発信のデメリットについて
(セミナー動画2)



 

せどらーにとって、情報発信ビジネスは
今までと逆のことをすることになります。

 

情報発信ビジネスで成功したいのであれば
これを理解しておく必要があります。

 

しっかりデメリットも伝えてる点。
クラスターさんの人柄ですね。

 

耳障りの良い言葉で集めても、
質は落ちますからね!

 

情報発信ビジネスの魅力について
(セミナー動画3)

 



せどりと比べると情報発信は、
収益を上げるまで時間がかかります。

 

せどりビジネスが
簡単すぎるのもあるんですが、

 

私の場合は居酒屋BAR(リアル店舗ビジネス)も
やってるのでわかるのですが、

 

店舗ビジネスと比べると
情報発信ビジネスもかなり簡単な方だと思います。

 

私の居酒屋BARは
お客さんが来ても来なくても、
食材の準備は必要。家賃はかかる。
店を開けるには常に人がいなければならないんです。

 

インターネットの普及により
情報発信ビジネスでは、固定費はネット接続料と
メルマガスタンド・サーバーくらいです。

 

そして配信する情報は
食材のように原価はないですよね。

 

当然利益率のメチャクチャ
高いビジネスになります。

 

他にも多くのメリットがあります。
詳しくは動画をみてみて下さいね!

 

40代パソコン音痴の私でも情報発信できます
(セミナー動画4)

 



長谷川さんのチームで実戦者として、話させて頂きました。

 

長谷川さんに、
指導頂いたことだけに集中して行動したら
良い成果を出すことが出来ました。

 

情報発信ビジネス全体像 成功フォーマット 前半
(セミナー動画5)



 

 

情報発信ビジネス全体像 成功フォーマット 後半
(セミナー動画6)

 



 

ここをしっかり理解する必要があります。
全ビジネス共通の成功の根本でもあります。

超重要なポイントですよ。

 

フジップリンさん×クラスター長谷川さん対談動画
(セミナー動画7)



 

フジップリンさんとは、
同じ長谷川さんの情報発信ビジネスチーム0期生で、
ブログやメルマガ配信などの勉強を一緒にしてきました。

 

クラスターせどりチームのメイン講師を経て、
いまは独自店舗せどりチーム(ITF)を設立し指導されています!

 

ブログつくりの感想や
情報発信ビジネスで良かったことなど
楽しく熱く語ってくれてますので、
実際の取り組み方について、わかりやすく説明してくれてます。

 

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

 

→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

———————————————————————————
ハイボール飯島からのお知らせです(^^)/
———————————————————————————
★メルマガ登録で
さらに特別な情報と
メルマガ登録限定無料プレゼントがあります。

無料プレゼントは十数名の現役せどらー仲間で数か月かけて共同制作した
超有料級の資料です。
100店舗以上1000商品の仕入れリスト。

書店のせどり書籍より、濃厚な内容の超絶有料級プレゼントとなっています。

 

登録は無料なので、良かったらぜひ登録してくださいね!
http://atsutaro01.net/melmaga.html

★LINE@始めました。⇒ https://line.me/R/ti/p/%40cye7461n

現在お友達追加で、
Amazon売上管理表(エクセル)無料プレゼントしてます!

★Facebookやってます。友達申請してね!
https://www.facebook.com/highball.iijima

★Twitterもやってます♪もちろんこっちも大歓迎です!
https://twitter.com/highball_iijima

———————————————————————————

 

 

ハイボール飯島